YGエンターテイメント / BLACKPINK 韓国エンタメ
YGエンターテイメント / BLACKPINK

ブラックピンク、YouTubeの登録者が8000万人を突破…全世界アーティスト初

BLACKPINKの公式YouTubeチャンネル購読者が8000万人を突破した。正規2集発売を控えているだけに、別の新記録更新にもさらに弾力がつくと期待される。

YGエンターテイメント / BLACKPINK

YGエンターテイメント / BLACKPINK

5日、YGエンターテイメントによると、BLACKPINKのYouTubeチャンネル購読者数はこの日午前4時38分頃8000万人を超えた。チャンネルが開設されてから約6年3ヶ月ぶりで、全世界のすべてのアーティストを統一して初・最高数値だ。

正規2集先行公開曲「Pink Venom」のミュージックビデオ発表日(8月19日)前後で、彼らのYouTubeチャンネル登録者数が一気に300万人近く増えた。BLACKPINKのカムバックに向けた世界中のファンの格別な期待を垣間見ることができる点だ。

これに先立ち、BLACKPINKは去る2020年7月、非英語圏アーティスト最初に「YouTubeの購読者数トップ5」に名前を上げて強大な存在感を誇った。以後、アリアナ・グランデ、エミネム、エド・シロン、マシュマロ、ジャスティン・ビーバーなど有名なポップスターたちを順番に追い越し、世界中のアーティスト1位に立ち上がった。

YouTubeがグローバル音楽市場の版も変化をリードしている主役であることを思い出せば、その意味が格別だ。

購読者数はコンテンツに対する単純好奇心やワンタイム視聴ではなく、忠誠度の高いファンたちの着実な関心と期待感を示す証票も変わらないためだ。これを通じて自然に影響力を発揮するミュージックビデオヒット数と音源ストリーミングは米国ビルボードなど各種グローバル主要チャートにも影響を及ぼす。

これまでYouTubeに掲載されたBLACKPINKの映像コンテンツの累積再生回数は260億回を超えた。Kポップグループ初めて20億ビューに向かっていく「トゥドゥトゥドゥ(DDU-DU DDU-DU)」ミュージックビデオをはじめ、「Kill​​ This Love」(16億ビュー)、「ブームバヤ」(14億ビュー)、「最後のように」( 12億ビュー)、’How You Like That’パフォーマンスビデオ(12億ビュー)など億大ビュー映像は計33本だ。

一方、BLACKPINKは9月16日正規2集「BORN PINK」発売を控えて本格的なティージングに突入した。また、10月15日と16日にソウルコンサートを開催し、北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの順に続く超大型ワールドツアーの砲門を開く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました