ミュージカル「ベートーヴェン」 韓国エンタメ
EMK:ミュージカル「ベートーヴェン」

ミュージカル「ベートーヴェン」2023年ワールドプレミア!ナンバー「愛は残忍です」最初の先行公開

全世界が待ってきた不滅の大作、ミュージカル「ベートーヴェン」の音楽が世界に公開された。

11日ミュージカル「ベートーヴェン」製作会社EMKミュージカルカンパニー(以下EMK)が劇中ナンバー’愛は残忍海(LOVE IS CRUEL)’デモプレイリストを通じて初公開し、ワールドプレミアに向けた壮大な旅の始まりを知らせた。

SNSチャンネルを通じて公開された「愛は残酷」はベートーヴェンのピアノソナタ8番「ビチャン」の2楽章を変奏した曲で、彼の人生に最も大きな変曲点となった本当の愛に会った後に巻き込まれるような感情の変化を盛り上げた。

劇中ベートーヴェンのナンバーである「愛は残忍」はドラマチックな旋律とともにベートーヴェンの感情線まで明らかにしなければならない曲で、圧倒的な歌唱力と完璧なキャラクター分析で自他公人大韓民国最上位俳優に選ばれるパク・ヒョシン、パク・ウンテ、カイ魅力のベートーベンに期待が集まる。

穏やかで美しいピアノ旋律で始まる「愛は残酷だ」という聞くことによって、本当の愛を悟るようになったベートーヴェンの感情の基礎まで表現するような感想が聞こえるようにする。

続く弦楽器の旋律は愛の喜びを悟るようになったベートーヴェンの喜びそして苦悩を描き出す。続いて強烈なギターの旋律が登場する瞬間、曲の雰囲気は瞬時に換気され、聴者の好奇心を刺激し、最後の小節に至ってはピアノとシンプルな楽器構成の演奏で聴者に濃厚な感動を伝える。

ミュージカル「ベートーヴェン」の製作会社は「愛は残忍海(LOVE IS CRUEL)」を皮切りに作品のナンバーをデモ形式で順次公開する予定だ。

特にワールドプレミアを3ヶ月前にして完成度の高いデモ音源をプレイリスト形式で公開するのは異例の場合で、ミュージカル「ベートーヴェン」は長期間の準備を経た作品だけが披露できる音源先公開を通じて作品の誕生を楽しみにする観客に楽しさをプレゼントする見通しだ。

同ナンバーは作曲家シルベスター・ルベイが指揮する40人組オーケストラの演奏とともにロンドンのAir Edel StudiosとウィーンのSynchron Stage Studioで録音され、2年間の準備期間を経て4週間録音された。

また、イギリスのロックバンドMike、The Mechanicsのボーカルで有名なミュージカル俳優のチーム・ハワー、Bat out of Hellに出演したロブ・ファウラーをはじめ、イギリスのウエストエンドで公演された「ウィキッド」でエルパバ役に熱演したエマ・ハッタン、「モーツァルト! ‘、’皇太子ルドルフ’などで主演で活躍したドリューサリッツが録音に参加して公開されたデモ音源自体でも高い完成度を誇る。

ミュージカル「ベートーヴェン」の作曲家シルベスター・ルベイは、「ミュージカル「ベートーヴェン」の音楽を通じて劇的な彼の人生と偉大な愛、そして彼を取り巻く人々に対する感情を表現しようとし、彼の音楽に対する絶対的な尊敬と献身を前提に心から心を込めて作曲した。観客たちも「愛は残忍」をはじめとする作品のすべての曲を好きになると思う」と明らかにして作品に対する期待感を加えた。

ミュージカル「ベートーヴェン」の韓国語歌詞と台本は、「フランケンシュタイン」、「ベンハー」の作・演出を引き受けた王龍犯が参加し、叙情的でありながら人間の基礎の本質を貫いてみる洞察を持った王龍犯だけの話法に対する期待を加える。

ミュージカル「ベートーヴェン」は「マタハリ」、「笑顔の男」、「エクスカリバー」、「フリーダ」など高い作品性と興行記録で、全世界ミュージカル市場に新たな基準を提示したEMKが披露する第5オリジナル作品で、最上位創作陣と俳優たちが参加して帰誓を注目させた。

ミュージカル「モーツァルト!」、「レベッカ」など数多くの作品を興行作の番組に載せたEMKミュージカルカンパニー、オム・ホンヒョン代表が総括プロデューサーとして参加し、ミュージカル「エリザベート」、「モーツァルト!」、「レベッカ」など世界的定番作品を劇作家ミハエル・クンチェと作曲家シルベスター・ルベイがそれぞれ劇作と作曲、オーケストレーションを引き受けて名作の誕生を予告した。

ドイツでミュージカル「レミゼラブル」、「ジーザーズクライストスーパースター」、「ジキル&ハイド」などを成功させたギル・メマートが演出として参加し、ミュージカル「フランケンシュタイン」、「ベンハー」など演出家王龍犯が協力演出として参加する。

加えて、ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン役でパク・ヒョシン、パク・ウンテ、カイ、アントニー・ブレンターノ役にはチョン・ジョンウン、オク・ジュヒョン、ユン・プリンが出演し、カスパ・ヴァン・ベートーヴェン役にはイ・ジュジュン、ユン・ソホ、キム・ジンウクなどがキャスティングされ、大衆の関心を持った体に受けてを集めた。

圧倒的なワールドクラスの創作陣と大韓民国ミュージカル最優秀俳優らが共に集まったミュージカル「ベートーヴェン」は、2023年新年を飾るただ一つのマスターピースになる見込みだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました