ホン・ジニョン 홍진영 韓国エンタメ
ホン・ジニョン 홍진영

ホン・ジニョン 홍진영 カムバックタイトル曲は海外ミュージシャンとコラボ

12月のミニアルバムでカムバックを控えたホン・ジニョンが去る11日感性バラード「君がいた」を公開した中、12月発表を控えているタイトル曲に対する関心が集中している。

所属事務所のアイエムエイチエンターテインメント側は「昨年4月に発売した「ビバラビダ」(Viva La Vida)がiTunes、Amazon Music、ビルボードなどビッグ3チャートに入る当時、グローバルミュージシャンのコラボレーション提案が相次いでいた」と海外ミュージシャンと新曲作品に螺旋の背景を明らかにした。

ホン・ジニョンが共同作詞家に出た新しいタイトル曲は国内にも馴染みのジャックス(JAX)のヒット曲’Ring Pop’の作曲者でありディズニーミュージックパブリッシングチーム専属作曲家であるシンガーソングライターノエミールグランプロデューサー兼共同作曲家に合流した。

スウェーデン音楽産業協会が認めたプラチナ音源を保有するシンガーソングライタードーター、「ユーロビジョン2022」でマルタを代表した曲「Emma Muscat-I am what I am」をはじめ、ラテン音楽を作曲してきたディノ・メダンホジックなどグローバル音楽市場の最強者として知られるミュージシャンたちのコラボレーションを行い、新曲に対する期待感を高めている。

特に今回のアルバムはホン・ジニョンの歌謡界デビュー15周年を迎えて発表する音楽で意味を置いた。メロディーフック、エネルギーあふれる演奏、そして軽快なサウンド音楽のダンスジャンルでグローバル活動に拍車をかける計画だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました