CJ ENM 韓国エンタメ
CJ ENM:

ヒーロー「영웅」の巨匠ポスター+2次予告編公開。「安重根の熱い1年」

大韓民国初の双天万観客を動員したユン・ジェギュン監督の新作であり、世代を交わす俳優たちの出会いで期待を高める映画「英雄」が忘れられないその日の話を込めた巨匠ポスターと2次予告編を公開した。

「英雄」は1909年10月、ハルビンで伊藤博文を射殺した後、日本の法廷の死刑判決を受け、恥ずかしい安重根医師が巨匠を準備した時から死を迎えた瞬間まで、忘れられない最後の1年を描いた映画だ。

今回公開された巨匠ポスターは、アン・ジュングン医師のハルビン義挙現場を鮮やかに盛り込んで視線をひきつける。

歓迎人派で賑わうハルビン役で伊藤博文を狙撃する’安重根’の姿は一触即発の緊張感をかもし出す。加えて、国の敵に向かって銃口を狙った’安重根’の決意に満ちた姿は2009年ミュージカル初演から安重根医師を演じてきたチョン・ソンファの没入度高い演技が加わり、深い印象を残す。

ここに「1909年ハルビンの銃声、忘れられない話が始まる」というコピーは祖国の独立のために献身した安重根医師の崇高な犠牲を思い浮かべ、響きを加える。

共に公開された二次予告編は一人残されたまま「祖国は何ですか?」と聞く大韓帝国独立軍隊長「安重根」の大使で始まりから注目を集中させる。

続いて’英雄’のオリジナルナンバー’英雄’と’帳簿歌’に沿って繰り広げられるアン・ジュングンの最後の旅程はチョン・ソンファの力強い声と調和して公演それ以上の楽しみをプレゼントする映画に対する期待を呼び起こす。

ここに安重根と意志を共にする独立軍の情報源「ソルヒ」、安重根の母「ゾマリア」、安重根の古い同志「ウドクスン」、独立軍最高名詞数「照道線」、独立軍末っ子「流動下」、独立軍を世話する同志」マジンジュ’の姿は祖国の独立のために屈服せずに惜しみなく当たった彼らの覚悟を感じさせる。

最後に死刑当日、刑長を出る「安重根」の姿とともに響き渡る「大韓帝国万歳!」という愚かな叫びは心の中に深い余韻を残し、胸の熱い話に対する期待感を高める。

オリジナルミュージカル「英雄」を映画化した作品で、私たちが知らなかった安重根医師の最後の1年を目と耳をひきつける豊かな音楽と見どころ、俳優たちの熱演で描き出して前になかった映画的体験をプレゼントする映画「英雄」 ‘は来る12月公開予定だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました