SOLE×THAMA 韓国エンタメ
SOLE×THAMA

SOLE×THAMA 合同コンサート「アメバウィク2022」

韓国アーティストソルとタマが幻想的な公演で木曜日の夜を彩った。

ソルとタマは去る17日ソウル新韓pLayスクエアライブホールで「AMOEBAWEEK 2022」の初公演として「GREEN Thursday」を開催した。

「AMOEBAWEEK 2022」は、アメバカルチャー所属のヒップホップ、R&B代表アーティストダイナミックデュオ、ホットフェルト(HA:TFELT)、ソル、タマがそれぞれ異なるテーマの公演を披露する合同コンサート。

コンサート初のランナーに出たソルとテマはソウル充満な舞台はもちろん、近いコミュニケーションで観客たちと呼吸した。

最初に選ぶ最初の正規アルバムの収録曲「Real Thing (Feat. Dynamicduo)」、「Chillとは単語の存在理由(Feat. Verbal Jint)」、「MAPO」をはじめ、「Complicated」、「My Funny Valentine」、「君’など豊かな三リストで現場を熱く甘くする。

続いて「København(Feat. KimOki)」の舞台にはキム・オキがゲストとして登場してサックスを演奏、タマのボーカルと交わって観客たちの熱い反応を導いた。

ソルは今年デビュー5年ぶりに初めて披露した正規1集ダブルタイトル曲「長年」と「滞在していることも美しいことができるもの」のほかにも様々な収録曲を相次いで聞いてくれた。また、タマとの完璧なシナジーが引き立つ「同じ心」、「RIDE」で歓呼をかもし出した。

特に撮影したクリスマスの雰囲気を漂わせる’merry merry’、’warm christmas’まで自分だけのユニークな音色と魅力で舞台をいっぱい満たした。率直な歌詞を盛り込んだ’Slow’を歌う時は涙を見せてムンクルハムを伝えた。

今回の「GREEN Thursday」公演にはファンの感動的な事情と特別なゲストが一緒に見て聞く楽しさを加えた。ソルとタマはファンの事情を紹介する一方、深い共感とコミュニケーションを広げてファンに忘れられない瞬間をプレゼントした。

加えてゲストとして出演したジョージは「Boat」のリミックスバージョンとオリジナルバージョンをプレゼントし、YouTubeのフィシック大学は愉快なコントはもちろん、ニュージンスの「Attention」カバーステージで楽しさを抱いた。

最後に撮影と狩りは「Close To You」、「2G LOVE」で美しいデュエットハーモニーを完成し、深い余韻を残した。

一方、「AMOEBAWEEK 2022」は引き続き同じ場所で18日、ホットフェルトの「ORANGE Friday」、19日と20日の両日間に計3回にわたって行われるダイナミックデュオの「BLUE Saturday & Sunday」につながる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました