ドライブ・マイ・カー 韓国エンタメ

「ドライブ・マイ・カー」8万観客突破!イ・ドンジン評論家選定2022で最高の外国映画1位

全世界を驚かせた浜口龍介監督最高の傑作「ドライブ・マイ・カー」が国内公開1周年を迎え、12月22日再開封した中、2023年新年初日の1月1日に8万観客を突破した。

『ドライブ・マイ・カー』は、死んだ妻に対する傷を持った演出家兼俳優『ガフク』(西島秀俊)が彼の専属ドライバー『三崎』(三浦智子)と出会い、人生を回復していく話。

ドライブ・マイ・カー

ドライブ・マイ・カー

『ドライブ・マイ・カー』は2021年12月23日、韓国公開で超長期興行を続けて観客たちの大きな愛を受けた作品で、全世界映画祭受賞を止めず、映画ファンに最高の傑作映画として位置づけた。

美しい傑作で全世界を驚かせた「ドライブ・マイ・カー」が公開1周年を迎え再開するというニュースは映画ファンの歓呼を買ったし、再公開後も絶賛行列が続いて1月1日8万観客を突破する底力を見せた。

浜口龍介監督の「ドライブ・マイ・カー」に対する絶賛行列はまだ熱いが、これはイ・ドンジン評論家が選んだ「2022年外国映画ベスト10」で堂々と1位を占め、再び立証した。

YouTubeチャンネルBtvイ・ドンジンのパイアキアで2022外国映画ベスト10を選定した。

イ・ドンジン評論家は「浜口龍介監督は若い監督として頂点という考えがある」と伝え、この作品は浜口龍介監督が「映画をどのように作るか?映画を作るために世界をどのように扱いますか?という態度が映画の話に入っていることもある。映画を見ればどんな気がするかというと「結局は映画というのは世の中について聞いて見ることに対するリアクションだな」という考えをすることになる」と話をした。

また、「浜口龍介映画で閃光のような奇跡のような瞬間がある。演出だけでは成し遂げられないが、そんな偶然まで招待するのも演出という側面から見ればとても驚くべきことだ。映画を作る演出家の美学的な方法論でとても素晴らしい作品であり、この話が扱うどんなストーリーテラーとして優れた能力で見ても素晴らしい話でもある」とし、2022外国映画ベスト10に選定した「ドライブ・マイ・カー」に対する絶賛を惜しまなかった。

一方、12月22日再開封をして8万観客を突破した浜口龍介監督の美しい最高の傑作「ドライブ・マイ・カー」は、2014年に発刊された村上春樹の短編集「女のいない男たち」に収録された同名の短編小説「ドライブ」 「マイカ」を映画化した作品で第74回カンヌ映画祭脚本賞受賞、第94回アカデミー授賞式国際長編映画賞受賞、第79回ゴールデングローブ授賞式外国語映画賞受賞、第56回全米批評協会賞作品賞、監督賞、脚本賞、南宇宙年賞まで4冠王、第75回イギリスアカデミー授賞式外国語映画賞受賞、第27回クリティクスチョイス授賞式外国語映画賞受賞まで全世界有数の映画祭でリレー受賞をした作品だ。

国内公開1周年を迎え再開封、美しい興行レースを再び起こし、8万観客を突破した「ドライブ・マイ・カー」は全国劇場で上映中だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました