オク·ジュヒョン 韓国エンタメ

オク·ジュヒョン、ミュージカル「ベートーベン」が幕を開ける… ファンを魅了した「黄金ボイス」

ミュージカル俳優オク·ジュヒョンが今日、新しい作品「ベートーベン」の舞台に上がる。

14日からミュージカル「ベートーベン」舞台ではオク·ジュヒョンに向けた期待が熱い。 劇でベートーベンの恋人アントニー·ブレンターノ役を演じたオク·ジュヒョンはSNSチャンネルを通じてナンバー「マジックムーン(MAGIC MOON)」リハーサル映像を短くオープン、新しいナンバーで期待を一身に受けている。

オク·ジュヒョン

オク·ジュヒョン

オク·ジュヒョンが「ベートーヴェン」で歌うナンバー「マジックムーン(MAGI C MOON)」はベートーヴェンのピアノソナタ14番「月光ソナタ」を変奏した曲で、アントニー·ブレンターノがベートーヴェンに会った後激動する心情を描いた。

オク·ジュヒョンは激情的に吹き荒れるオーケストラ演奏の下、落ち着いたながらも力が感じられるボイスでアントニーの感情を繊細に表現する。

さらにEMKミュージカルカンパニー公式ユーチューブチャンネルにはミュージカル「ベートーベン」のシッツプローブハイライト映像がアップロードされ、オク·ジュヒョンとベートーベン役を演じたパク·ウンテが共にした「絶望よ!(Hello、Despair!)」リハーサル現場が含まれた。

ベートーベンとアントニー·ブレンターノの叙事を垣間見ることができるリハーサル現場に「歌とよく似合う」、「楽しみで緊張します」、「やっぱりですね」など公演当日まで高まった雰囲気が続いている。

数多くの期待評があふれている中でオク·ジュヒョンは14日、ミュージカル「ベートーベン」初公演で俳優パク·ウンテとイ·ヘジュン、パク·シウォン、チェ·ジヘ、イ·ジョンスなどの俳優たちと共に呼吸し、もう一つのマスターピースを完成する予定だ。

芸術の殿堂で鳴り響くオク·ジュヒョンのナンバーがまたどんな感動を与えるかファンの心をときめかせる。

先立ってオク·ジュヒョンが出演する新作ミュージカル「ベートーベン」は1次チケットから2次チケットオープンまでチケット大乱を起こし大きな人気を集めている。

オープン当時、メロンチケットとインターパークチケットサイト内の全体公演部門で前売り率1位を達成した「ベートーベン」は18日、3次チケットオープンを行う予定だ。

オク·ジュヒョンと俳優たちの熱演で再観覧欲求を刺激する、ミュージカル「ベートーヴェン」は世紀の天才ベートーヴェンの人生と彼が自我を取り戻す旅程を盛り込んだ2023年期待作で、12日から3月26日までソウル芸術の殿堂オペラ劇場で会うことができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました