ITZY(있지) 韓国エンタメ
JYPエンターテイメント

「ALLINUS!」という言葉を証明したITZY(있지)、限りない成長予告

JYPエンターテインメントのガールズグループITZY(イェジ、リア、リュジン、チェリョン、ユナ)が8月6日から7日までの2日間、初のワールドツアーの華やかな序幕を開いた。

ソウルオリンピック公園に位置するSKオリンピックハンドボール競技場で開催された「ITZYTHEFIRSTWORLDTOUR『CHECKMATE』は驚くべきパフォーマンスと爆発的な才能でファンを興奮させるのに十分だった。

グループ初の単独コンサートであり、ワールドツアー初公演で象徴性を持つ今回の公演は、彼らが持つ固有の長所を最大に発揮できる単独舞台はもちろん、これまで見せられなかった収録曲の舞台まで埋め尽くし、舞台掌握力を示した。

また、MIDZY(ファンクラブ名:MIDZY)に向けて表現した無限の愛情も、ファンを感動させるには最高だった。 これまで彼らがどれだけ対面コンサートを望んで願ったかが分かる部分でした。

今回の単独公演でリュジンはDojaCatの「BossB*tch」、ユナはConanGrayの「Maniac」を披露し、本人だけのバイブを思う存分披露し、リアはTaylorSwiftの「Red」を熱唱してメインボーカルポジションの魅力を発散した。 チェリョンはArianaGrandeの「bloodline」で最近勢いに乗ったポテンシャルを爆発させ、イェジはDuaLipaの「HotterThanHell」を熱唱してオールラウンダーの面貌を見せてくれた。

デビュー曲「DALLADALLA」から「ICY」、「WANNABE」、「NotShy」、「マフィア」 Inthemorning」、「LOCO」をはじめ、今回のアルバムのタイトル曲である「SNEAKERS」を披露し、大きな反響を呼び、「WHATIWANT」、「365」で新鮮さを醸し出した。 また、ファンソングである「NOBODYLIKEYOU」、「MIDZY」を熱唱し、ファンと交感する姿を見せたりもします。

ITZY(있지)

JYPエンターテイメント

舞台を終えた後、ファンたちと色々な対話をしながら疎通する時間にはメンバーたちが涙を見せたりもします。 末っ子のユナは「何も知らずにデビューしたが、本当にこれまで無謀な挑戦が多かったようです。 その時から今まで愛してくれて感謝し、どんな姿でも応援してくれてありがとうと必ず言いたいです。 ファンは私たちの未来を期待できる存在です」と愛情を表わした。

チェリョンは「初コンサートを長く待ってくれて本当にありがたいし、ファンのことを思いながらあきらめずに走っているので、ファンの皆さんも私たちのことを考えながら各自の席で頑張ってほしいです。 コンサートをすると、私は本当に「ITZY」だなと思いました(笑)。 この愛にどう応えればいいか悩みますし、必ずお返しできるよう頑張ります。 大変な瞬間と諦めたかったことがなかったら嘘ですが、「MIDZY」がなかったら耐えられなかった。 次のコンサートの時もぜひ来てください」と愛おしい言葉を伝えたりもした。

リュジンは「とりあえず来てくれてありがとうございます。 熱心に準備した舞台を見てくれる人がいなければ何の意味もありません。 今日は本当にやりがいを感じたし、直接顔を見て感謝するという言葉を必ず言いたかったです。 いつもこれだけ愛される資格があるのか悩んでいますが、それ以上の愛を差し上げられるように努力します。 初めてコンサートをしてみるのに本当に多くの方々の苦労が入りましたが、頑張ってくださったスタッフの方々、会社関係者の方々皆さん本当に感謝していると言いたい」と話した。

リアは「デビュー後、楽しいこと、大変なこと全て多かったが、MIDZY、そしてITZYのメンバーたち、会社の皆さんに感謝するという言葉をまず伝えたい。 いつも肯定的に考えようと努力しても、辛い時は自分も知らないうちに否定的な方向に考えるようになりました。 ところが、今日MIDZYたちを見ると、そのように思ったのが申し訳ないし、いつもファンの愛を記憶してうまく乗り越えていきたいと思います。 コンサートが初めてなので本当に下手な点も多く、すべてが難しかったが、助けてくれたすべての方々に感謝していると言いたいです」と涙を見せた。

ITZY(있지)

JYPエンターテイメント

リーダーのイェジは「幼い頃から舞台の上に立つのが夢でした。 今日初の単独コンサートをしてみたら、この瞬間のために一生懸命生きてきたという気がする。 準備をしながら本当に多くの方々が苦労してくださいましたが、本当にありがとうございます。 一緒に楽しんでいただいて、小さなミスも大目に見てくださってありがとうございます。 コンサートをする前にTWICE先輩たちのコンサートを見ながら勉強もたくさんしたんですが、今日先輩たちが公演を見に来てくれました。 ありがとう。そしてデビュー前から家族、友人たちが「お前はそのように熱心にするから必ずうまくいくだろう」と応援してくれたが、今日家族、友人たちに公演する姿を見せることができてとても幸せだ。 本当にありがとうございます。 これからもっと頑張る自信があります。 今こんなに泣いていても自信はあります。 本当にMIDZYたち、本当にありがとうございますし、愛しています」と抱負を語った。

ソウル公演に続き、10月26日ロサンゼルスを皮切りに29日フェニックス、11月1日ダラス、3日シュガーランド、5日アトランタ、7日シカゴ、10日ボストン、13日ニューヨークまで米国8地域で公演を展開するITZYの米国ツアーチケットは全回売り切れを達成する気炎を吐いたりもします。

これからもっと頑張る自信があるというITZY。 すべてが私たちにあるという挨拶は単純なグループのスローガンではなく、彼らの自信が反映されたのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました