ハードボイルドサバイバルアクション映画「オオカミ狩り」 韓国エンタメ
ハードボイルドサバイバルアクション映画「オオカミ狩り」

「オオカミ狩り」シッチェス国際ファンタスティック映画祭招待

ハードボイルドサバイバルアクション映画「オオカミ狩り」が全世界ジャンル映画祭で初手に挙げられる第55回シッチェス国際ファンタスティック映画祭に公式競争部門にも招待された。

「狼狩り」は、極悪無道な犯罪者を太平洋から韓国まで移送しなければならない状況の中、今まで見られなかった極限状況に直面するハードボイルドサバイバルアクション映画だ。

ハードボイルドサバイバルアクション映画「オオカミ狩り」

ハードボイルドサバイバルアクション映画「オオカミ狩り」

第47回トロント国際映画祭、アメリカファンタスティックフェスト、フランスエトランジェ映画祭、スペインサンセバスチャンホラーファンタジー映画祭などグローバル映画祭の注目を一身に受けている映画「オオカミ狩り」がジャンル映画祭の中で最初の手に挙げられるシッチェス国際ファンタスティック映画祭江戸公式招待された。

今年10月6日から10月16日、10日間行われる第55回シッチェス国際ファンタスティック映画祭はスペインカタルーニャ地方の代表的な文化イベントであり、全世界で挙げられる主要ジャンル映画祭だ。1968年の発足以来、現在はジャンル映画に関する最初の手に挙げられる世界的な映画祭として位置づけられ、大韓民国映画ファンが愛する映画祭の一つでもある。

2019年「悪人戦」、2020年「半島」、「蘭宗」など韓国映画も着実に参加したシッチェス国際ファンタスティック映画祭に今回の「オオカミ狩り」はファンタジージャンル長編映画公式競争部門として招待されて最優秀長編賞、監督賞、俳優賞、脚本賞など8部門の受賞対象となり、その意味が格別だ。

‘半島’、’悪人戦’などは大韓民国ジャンル映画の強勢を見せた代表作であるだけに映画’オオカミ狩り’の今回シッチェス国際ファンタスティック映画祭公式競争部門招待また韓国ジャンル映画の新しい代表ランナーの誕生を期待する。

特に’オオカミ狩り’は公開される線材ごとに強烈なビジュアルと破格的なストーリーで、今まで見たことのないハードボイルドサバイバルアクションを予告するところ、映画ファンの好奇心を増幅させている。

ジャンル映画のマスターと呼ばれるキム・ホンソン監督がメガホンをつかんで太平洋の真ん中で繰り広げられる極限の生存ゲームがスクリーンでどのように繰り広げられるか期待感を高める。ここにソ・イングク、チャン・ドンユン、パク・ホサン、チョン・ソミン、コ・チャンソク、チャン・ヨンナムなど信じて見る忠武で俳優たちが参加して熱演シナジーを加える予定だ。

一方、映画『狼狩り』は9月21日公開予定だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました