ココスンイ 韓国エンタメ
ココスンイ

「ココスンイ」1日劇場同時VODサービ開始!

映画「ココスンイ」が9月1日劇場同時VODサービスを開始した。

8月25日公開以後「あまりにも貴重な映画」という絶賛が続く中、日本軍「慰安婦」問題解決のための意味のある観覧行列をテレビ劇場まで続ける見通しだ。

ココスンイ

ココスンイ

「ココスンイ」は強制動員された日本軍「慰安婦」被害者のうちミャンマーで発見された朝鮮人捕虜20人を尋問した報告書に残された日本軍「慰安婦」に関する歪曲された記録と隠された真実を明らかにする追跡ルポムービーだ。

様々な社会問題と真実を深く掘り下げてきたKBS探査プログラム「時事企画窓」の撮影チームと制作チームが参加し、イ・ソクジェ記者が演出を引き受け、「慰安婦」を売春婦に売り渡す「米展示局局49番尋問報告書」が主観的な評価で歪んだことを告発する。

歌手イ・ヒョリがエンディング曲「私を忘れないで」を直接作詞、作曲して詩的な歌詞と暖かい声で長い余韻を与え、まだ現在進行型の痛みと歴史を一緒に覚えなければならない理由をもう一度思い出させる。

開封後、「五千万の韓国国民を見なければならない必読映画!」、「最近見たドキュメンタリー映画の中で最も響きが大きいですね」、学生たちがたくさん見ることができるようになればいいのです」など評価を受けて映画の価値を認められている。

「ココスンイ」の劇場同時VODサービスはIPTV 3社(SK Btv、KT olleh tv、LG U+tv)とホームチョイス、ネイバーシリーズオン、ティービング、ウェーブ、グーグルで鑑賞することができる。

安定した雇用を紹介してくれるという嘘に騙され、故郷と家族を後にして異役万里の遠い旅を去らなければならなかった数多くのココスンたちの足跡に沿って製作陣は世界各地を行き来して収集した手がかりと直接取材したインタビューを盛り込んで臨場感を加えた。

「ココスンイ」は、日本の右翼勢力、「慰安婦」妄言をしたハーバード大ラムジア教授、グレンデール平和の少女像を毀損したテキサス・ダディなど、過去から現在まで偽りでいっぱいの主張を掲げる人々に対抗して、「慰安婦」問題解決のために何を覚えて、どのように記録するかを注目する必要があることを換気します。

今年は1991年8月14日、キム・ハクスンの祖母が日本軍「慰安婦」被害事実を国際社会に最初に公開証言した勇気ある行動を記憶し、被害者の人権と名誉回復を達成するための「キリムの日」が公式に制定された10回目を迎える年だ。

映画「ココスンイ」でまだ終わっていない忘れてはならない日本軍「慰安婦」問題に対して全国民的な関心を促す。全国劇場で絶賛上映中だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました