「金婚令」 韓国映画・ドラマ

「金婚令」パク·ジュヒョン♥キム·ヨンデロマンスハッピーエンド?

「禁婚令、朝鮮婚姻禁止令」のパク·ジュヒョン、キム·ヨンデ、キム·ウソクが繰り広げる波乱万丈宮廷ライフが終わりに向かって走っている。

MBC金土ドラマ「金婚令、朝鮮婚姻禁止令」(以下「金婚令」)は、ソラン(パク·ジュヒョン扮)とイ·ホン(キム·ヨンデ扮)の胸躍るロマンスと共に、イ·シンウォン(キム·ウソク扮)との濃い友情が込められた多彩なストーリーが視聴者の心をとらえている。

11話と最終話だけを残している「金婚令」が最後まで目を離せないようにする観戦ポイントを公開、終わっていない話に対する好奇心を一層高めている。

ソラン·イホンとロマンス、楽しみなハッピーエンド

14日に放送された第10話では初間沢が進行され、そこではイェ·ヒョンヒ(ソン·ジウ分)を最終間沢に上げるためのあらゆる不正が潜んでいた。 これで徹底した計画のもと、ファユン(チョ·スミン扮)の身だしなみで宮殿に行くことになったソランがどんな活躍をするのか気になる。 また、「ソランイ大王大妃(チャ·ミギョン扮)」の目を通して無事に最終的に選ばれた李憲とロマンスの実を結ぶことができるかも観戦ポイント。

王室を狙う者たちの強まる動き

趙成均(チョ·ソンギュン、ヤン·ドングン扮)と徐氏夫人(パク·ソンヨン扮)を筆頭に王室への脅威が絶えず続いている。 ソランは誰かから追われて絶壁から落ち、イ·シンウォンも毒針を受けて死の敷居に達した。 カンテクの席をめぐってヨウォン会とポッサム屋組織が結託するなど、ワン·イホンに向けた激しい嵐が吹きかけ、緊張感を高めた。 イ·ホンが果たしてチョ·ソンギュンとソ氏夫人が行ったこれまでのことに内幕を一つ一つ明らかにして断罪できるのか、結末が期待される。

>>パク·ジュヒョン、キム·ヨンデ、キム·ウソク 深まった友情と愛、彼らの未来は?

7年間皇太子妃を失うことができないイ·ホンと、7年前に自分と結婚しそうになった女性を切なく探すイ·シンウォンの前に、ソランが現れ、彼らの人生は180度変わることになった。 3人は一挙手一投足を共にしながら一層深まったロマンスと友情を描いていった。

「金婚令」は国に下された金婚令という法案で起きる予測を許さないストーリーとソラン、イ·ホン、イ·シンウォンの絡み合う話をプレゼントし、濃い余韻が残るエンディングを描く準備をしている。

一方、MBC金土ドラマ「金婚令、朝鮮婚姻禁止令」は20日と21日夜9時50分に11回と最終回が放送される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました