ヒューゴ・ボス 韓国ファッション
ヒューゴ・ボス

ヒューゴ・ボス 2022秋/冬のキャンペーン。ナオミキャンベル‧ケンダルジェナー‧イ・ミンホに参加

2022年秋/冬、ヒューゴ・ボスは今日最も影響力のあるスターたちと一緒にキャンペーンを通じて自分のボスになることが何を意味するのかを紹介する。

2022年初めにブランドリフレッシュの成功に基づいて、人々が自分のボスになるようにインスピレーションを与え、力を与えてくれる新しいブランド態度を確立したボスは、今シーズンには様々な有名スターたちとチームを構成し、この新しい態度をもっと深く探求する姿を見せる。

このキャンペーンは、意味のある目的を持つストーリーテリングとボスコミュニティとのつながりの機会を提供します。自分のボスになるために必要なことに対する話でインスピレーションを吹き込むスターたちがその主人公だ。

次世代チックトーククリエイターのカビ・ラメは、イタリアのテニス選手マテオ・ベレティーニ、ドイツ陸上競技選手アリシャ・シュミット、イギリスのボクシング プレーヤーのアンソニー・ジョシュアと共にキャンペーンに出演する。

去る1月ブランドリフレッシュキャンペーンに紹介されたグローバルブランドアンバサダーたちはそれぞれボスと戦略的パートナーシップを結び共同デザインしたカプセルコレクションを発売した。

今シーズンにはボスキャンペーン史上初めて伝説的なイギリスのスーパーモデルナオミキャンベルが出演陣に合流した。アメリカのモデルケンダル・ツェナー、世界的に有名なアメリカラッパーフューチャー、韓国の歌手兼俳優イ・ミンホが一緒にキャンペーンを完成させてボスになることについて自分の言語で話す。

キャンペーンの背景は、ブランドコードの色であるブラック、ホワイト、キャメルで飾られた3つの部屋で構成されている。各部屋の中で、キャンペーン出演陣だけのユニークな世界を表現した。これらの部屋は、ある扉が閉まると他の扉が開かれることを意味します。自分のBOSSになる道は、一瞬で行われるのではなく、挑戦と成功、失敗の連続だが、その後には常に希望と成長があることをこれらの門を通過して理解することになる。

新しいキャンペーンはブランドリフレッシュの延長線であると同時に、昨年に導入されたCLAIM 5戦略の文脈で自社ブランドに対するグローバル認知を高めるためのHUGO BOSSグループのより包括的な目標の一環である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました