プロギング 韓国ライフ
環境に優しいマーケティング

夏休み、ビーチのプロギングを組み合わせた環境に優しいマーケティング

暑い夏が始まり、全国のリゾート地に観光客が集まっている。休暇中に数百万人の人が訪れるビーチに残されたカップ麺容器、焼酎瓶など各種生ゴミは海を汚染させ環境問題を招きます。

ビーチごみを集めて行くと割引する釜山パブ

最近、食品外食業界で環境保存に対する共感帯が形成され、フロギングを結合したマーケティングを広げるところが増えている。プロギングとは、スウェーデン語で「拾う」を意味するプルロカウプ(Plocka Upp)と英語のジョギング(jogging)を組み合わせた新造語で散歩をしながらゴミを拾う環境保護活動を意味します。

プロギング

ワイルドウェーブ/プロギング

釜山海雲台区にある自家製ビール醸造所「ワイルドウェーブ」は、パブを運営しながら、ビーチで顧客と共にビーチのゴミを拾って寄付するプロギングキャンペーン「ワイルドセーブ(Wildsave)」を毎年定期的に開いています。

プロギング

ワイルドウェーブ/プロギング

昨年の環境の日(6月5日)に当たって行われたイベントでは、収集したゴミ量に応じて全メニュー割引を提供した。10kg以上20%、20kg以上30%の割引率を適用し、この日ワイルドセーブ行事参加費用全額は環境団体に寄付した。

お金の代わりにゴミを受け取るお菓子トラック「Seanack(シナック)」

今年には江原道主要海水浴場にゴミを集めていくとお菓子に交換してくれるお菓子トラックが登場する。シーナックな海(Sea)とお菓子(Snack)の合成語で海のゴミを拾ってきたら、重量を測定した後、クジラ、イカ、カニ状の海のお菓子と交換してくれるキャンペーンを行った。

シナック

シナック

7月23日~24日、陽陽サーフィービーチ海水浴場を皮切りに江陵警浦、江陵呪津陣、束草海水浴場で順次運営され大きな反響を得ました。

シナック

シナック

シナックに参加するためには、ミント色のシナックトラックでビーチクリーンツール(綿手袋、人差し指、封筒)をレンタルしてゴミを拾って戻ってくればいい。海のお菓子両替基準に応じてお菓子に戻すことができ、多用途容器を持参しなければならない。

今回のシナックキャンペーンは第一企画が企画を担当し、環境財団、韓国観光公社、ロッテ百貨店が協賛して行われた。

環境財団側は「今回のキャンペーンを通じて、ビーチクリーンが単にゴミを拾う行為を超えて、友人や家族が一緒に楽しさを感じることができる楽しいアクティビティになることを期待する」と明らかにした。

シナック

シナック

直接ビーチに行けない場合、全国のビーチあるいは山、都市でゴミを拾い、SNSにハッシュタグと一緒に認証ショットを上げれば抽選を通じて海のお菓子ギフティコンを受けることができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました