慶南道、スマートファーム 韓国ライフ
慶南道、スマートファーム

慶南道、スマートファームイノベーションバレーレンタルスマートファーム本格運営

慶尚南道(キョンサンナムド)は未来慶南農業をリードしていくスマートファームイノベーションバレー賃貸型スマートファーム入居者の選抜を完了し、来月1日から本格的な運営に入ると明らかにした。

都は2020年から2022年まで国道費276億ウォンを投入し、スマートファームイノベーションバレー(密陽市サムランジン邑イムチョンリ一員)内に賃貸型スマートファームを5つの6ha規模で造成しており、最大40人まで入居が可能。

入居資格は満18歳以上満39歳以下青年創業保育事業修了生または栄農経験のない青年農業人を対象に所定の選抜手続きを経て今年初の12人を選抜し、3人1チーム当たり5,000㎡内外の区域を最大3年間レンタル可能です。

慶南道、スマートファーム

▲ 入居準備を終えた賃貸型スマートファーム

初入居者12人は去る3月入居者公募を通じて3段階評価(1次書類、2次、筆記試験、3次面接)過程を経て6月に最終選抜された青年創業保育課程1期修了生12人で2022年8月から3年間入居し、これまで保育センターで一生懸命学んだイチゴ、トマト、パプリカを栽培する予定だ。

スマートファームのない青年たちも創業または経営ができる賃貸型ファームは、栄農経験を蓄積し、再配力量を強化する一方、創業資金まで用意できる良い機会要因になると期待される。

道は賃貸型ファーム入居者の栄農定着早期安定化のために事後管理レベルで専門家コンサルティングも継続的に支援する計画であり、賃貸型ファームで生産された農産物は内需市場への影響を最小化するためにも出資機関である(株)慶南貿易を通じてほとんど輸出する。

賃貸型スマートファームに入居予定のある教育生は「賃貸栄農と専門家コンサルティングを通じてスマートファーム専門家としての力量を強化し、スマートファーム創業資金を設け、慶南で青年創業農の夢を叶えていく」と抱負を明らかにした。

慶南道、スマートファーム

慶南道、スマートファーム

一方、慶南道はスマートファーム拡散基盤構築のために農林畜産食品部の「スマートファーム革新バレー造成事業」を2019年3月に誘致し、今年の年末竣工を目指している。スマートファームイノベーションバレーの造成を通じて農業の生態系活性化はもちろん、未来慶南のスマート農業を主導する拠点になると期待される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました