GS25 韓国ライフ
GS25

新しく進化中の韓国と日本のコンビニエンスストアトレンド

最近GSリテールと新韓銀行が革新店舗3号店を開店し、オン·オフライン融合金融分野に拍車をかけている。

GSリテールと新韓銀行は先月31日、慶尚北道慶山市に位置するGS25永大青雲路店を両社が推進する革新店舗3号店として開店しました。

今回開店したGS25永大青雲路店は、両社が共同で出店地域を選定し、デザインや店舗構成まで全般的な部分で協業を緊密に進めました。 この革新店舗は嶺南大学校正門と大邱地下鉄2号線嶺南大駅近くの商業地域に接し、2030世代の顧客が好んで訪れる典型的な大学街商圏に位置しています。

これに伴い両社は流動人口の94%が20代大学生であるだけに2030世代をターゲットに注目を集めるための特化デザインを新たに適用し差別性を浮き彫りにした。

GS25

GS25

まず、変わった外部エクステリアが目につく。 看板の一面を回転式看板として導入し、若々しくはつらつとした印象を与えているのが特徴です。 4月、業界で初めて導入した回転式看板を今回の革新店舗にも導入し、イメージをアピールしました。 既存の看板位置に回転式広告板が設置され、変化するイメージを演出することができ、革新店舗の意味を加えたものです。

また、「酒類差別化ゾーン」も注目すべき点です。 ワインからウイスキーまで150種余りの酒類が陳列され、GSリテールのスマートオーダー酒類プラットフォームである「ワイン25プラス」と共に酒類の主要購買先になるものと期待される。

ワイン25プラス

ワイン25プラス

両社が新しく披露する革新空間には、快適な椅子とテーブルを準備して快適さを加え、ここには画像相談窓口であるデジタルデスク、スマートキオスクを設置しました。 デジタルデスクは新韓銀行デジタル営業部職員と画像相談を通じて貸出、退職年金など営業店窓口の大部分の業務処理が可能であり、スマートキオスクは預金新規などの簡単な窓口業務ができます。

特に革新店舗は画像相談を通じて熟練度の高い銀行職員が直接業務を遂行するだけにモバイルで解決できない総合的な相談が可能であり、夕方8時まで相談を提供します。

この他にも相談可能業務が貸切貸出、住宅担保貸出、証券口座開設、退職年金業務など既存営業店と対等に構築されており、サービス提供範囲はライバル会社の革新店舗対比競争力を確保している。 また、バイオ認証登録時に身分証なしでも24時間パスワード変更やデビットカード再発行などの業務を処理することができ、時間にこだわらない長所を持っています。

GSリテール関係者は「銀行がない大学街商圏に新規入店する店舗で2030世代に便利な金融サービスを提供すると期待する」として「今後もGSリテールは新韓銀行と協業しオン·オフライン融合金融分野でリーダーとしての地位を固めていく予定」と伝えた。

ミニストップポケット

ミニストップポケット

コンビニ王国日本では職場事務室に入ることができる「超小型無人店舗」が登場しました。

日本のコンビニブランドミニストップが披露した「ミニストップポケット」がその主人公で、消費者の日常の中で最も近いところに入ったコンビニという評価を受けている。

ミニストップポケット

ミニストップポケット

オフィスの片隅に設置できるほど規模が小さく、業務途中に飲み物、お菓子、マスクなどを便利に購入できます。 品物を購入するために外に出なくてもいいので、会社員は休憩時間を最大限長く余裕を持って過ごす。

ミニストップポケット

ミニストップポケット

24時間運営される無人店舗で、ペイペイ(Paypay)、スイカー(Suica)、パスモ(Pasmo)などのキャッシュレス決済システムを導入しました。 QRコードを利用したスマートフォン決済もサポートしています。 3.3㎡(1坪)の場所さえ用意すればミニストップポケットを入店させることができます。

電気代、水道代(コーヒーマシン設置時)以外は維持費用がかからないため、企業の立場でも気軽に入店が可能です。 また、オフィス、工場、病院、ホテル、休憩所など設置環境に合わせて品ぞろえを簡単に変更し、消費ニーズを満たします。

ミニストップポケット

ミニストップポケット

超小型無人店舗出店の背景についてミニストップ側は「コンビニ業界の競争が激化した状況でコロナによって売上不振が長引くと新事業発掘に乗り出した」と説明した。 ミニストップポケットは企業と提携を結んでサービスを提供するBtoE(BusinesstoEmployee)方式で運営簡素化とコスト削減に重点を置きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました