YGエンターテイメント / TWICE 韓国エンタメ
YGエンターテイメント / TWICE

TWICE、米ビルボードメインチャート「ビルボード200」3位、3番目の「ビルボード200」トップ10

TWICEがアメリカのビルボードメインチャート「ビルボード200」で史上3番目のトップ10に上がり、K-POPガールズグループ最多記録を達成した。

ビルボードが4日(現地時間)公式記事を通じて発表したところによると、TWICEが8月26日発売したミニ11集「BETWEEN 1&2」はビルボードメインチャート「ビルボード200」で3位を占めた。

YGエンターテイメント / TWICE

YGエンターテイメント / TWICE

昨年11月の正規3集「Formula of Love: O+T=<3」で「ビルボード200」チャート3位に上がり、独自の最高点を書いたTWICEは新しいミニアルバムでチーム最高ランクタイ記録を達成した。

特にアルバムとストリーミングの合計販売量でも10万を記録してキャリアハイを撮り、計3枚のアルバムを’ビルボード200’トップ10盤に上げてKポップガールグループ歴代最多記録を立てた。

TWICEは米国ビルボードのメインチャートで上昇曲線を描き、グローバルトップガールズグループの地位を高めている。2020年6月ミニ9集「MORE & MORE」で該当チャート200位に初参入し、同年12月正規2集「Eyes wide open」72位、2021年6月ミニ10集「Taste of Love」6位、 2021年11月正規3集アルバム『Formula of Love: O+T=<3』3位、そして2022年8月ミニ11集『BETWEEN 1&2』まで計5枚のアルバムを『ビルボード200』チャートに進入させた。

去る6月にはナヨンがTWICE初のソロランナーになってミニ1集’IM NAYEON’で該当チャート7位に上がるなど眩しいグローバル成長勢と人気を再立証した。

彼らは2022年初の完全体カムバック作「BETWEEN 1&2」とタイトル曲「Talk that Talk」で国内外の好記録を残している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました