EDAMエンターテイメン IU아이유ト 韓国エンタメ
EDAMエンターテイメン IU아이유ト

IU아이유 3年ぶりに単独コンサートで帰ってきた。想像以上の舞台でファン心を狙撃した。

2008年9月18日デビューしたIU아이유は、去る9月17日と18日両日間ソウル松坡区蚕室総合運動場オリンピック主競技場で’2022 IU CONCERT <The Golden Hour:オレンジの太陽の下>コンサートを開き、デビュー14周年を記念した。

特に国内アーティストたちの「夢の舞台」と呼ばれる競技場での女性歌手初入城というタイトルはもちろん、前売りチケットオープンと同時に二日公演全席超高速完売を記録して「国ヒップ原塔」の底力を証明して見せた。

18日の公演には昨日のように約5万人の観客が座って現場を熱く甘く、IUを象徴する各種紫色の装身具で飾られた人々で賑わった。

公演に先立ち大型スクリーンにはオルゴールメロディに合わせて流れる砂時計オブジェがおとぎ話の中の「IUランド」に皆を招待した。

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

ついに「私たちはオレンジ色の太陽の下で影なしで踊っています」という「エイト」の歌詞を無伴奏として歌って登場したIUは「今日も全部詰まった。昨日より少し暑いが、夕日はもっときれいで嬉しい。計画した通り、空も助けてくれたようだ」とファンに向かって喜んで挨拶した。

続いて「席に敷かれたクッションは、母が一ヶ月前から直接発注を入れて製作したものだ。公演が終わったらぜひとも取っていけ」と呼びかけ、客席では熱い歓声が飛び出した。

公演は計23曲の3つのリストで充実した構成を誇った。まず「この今」、「一日の終わり」、「あなたの意味、「金曜日に会いましょう」、「パレット」が1部を満たした。IUはダンサーと一緒に華やかなミュージカルの一場面を演出し、特に「あなたの意味」の舞台はファンとマイクをやりとりし、お互いの愛情を確認した。

代表曲「パレット」を歌う前、IUは「今年30歳になったが、この曲はもう25のジウンに残したい。だから今後は正式のセットリストで見にくいようで残念だが、その時に戻って一生懸命呼んでみる」と話すとファンたちも最善を尽くしてハーモニーを成し遂げた。

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

一方、2部の初曲でIUは昨年発売した「strawberry moon」を選択した。彼は今回の公演のために野心的に準備した月の形の熱気球に上がり、夜空を赤く染め、2・3階の観客席まで近づいてみんなともれなく呼吸する姿を見せた。

また、10年ぶりに逆走した「私の手を握って」舞台は歴代級の大窓が続き、舞台の上の主人公を感動させるかと、興奮したテンポに合わせて残念ダンスを披露した「昨夜の物語」はファンたちの「ウチュッツ」を買った。

もう一つの卒業曲で「良い日」を熱唱したIUは「18歳に歌った歌なのに最後だと思うと涙が出た」とし「歌詞は「兄がいいこと」なのに今、兄のファンがたくさんいないようだ」とすごく震えて現場を笑い海にした。

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

続いて最も輝いた瞬間で今を思い出してほしいというIUは「ライラック」を歌い、会場を瞬時に紫色に染めた。

この日特別招待ゲストとしては「GANADARA」を一緒にしたパク・ジェボムが出動した。彼は「呼んでくれてありがとう」とし、「IUはいつも素敵なアーティストだと思う。「国ヒップワントップ」ではなく、ただ「ワントップ」と称賛を惜しまなかった。

そういえば3部では「アイユ」というジャンルを濃く体験できた。ブルーシャツやベルベットベストなどレトロな舞台衣装に変身したIUは、オーケストラ伴奏に自作曲「膝」と「冬眠」で穏やかな響きをプレゼントした。

これにIUは、「バラードにふさわしい落ち着いた、端正なルックに着替えた。今回の公演衣装の中で一番気に入る。感情の没入も良くなって真正性もあるようだ」と言っている。

そして「「膝」は国は歌手のアイデンティティに近い曲」とし「「冬眠」やはり「膝」と感情線が似ているため、二曲は一組だと思って相次いで歌った」と説明した。

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

EDAMエンターテイメン IU아이유ト

末尾には超大型ドローン昭和爆竹パフォーマンスが壮観を成した。IUは「昨日、漢江のトゥクソム公園でも見えたと言っていたが、衣装チェンジのせいで私だけが見えなかった」と残念で、「それでも昨日、今日の両親が来ているのに、きついお父さんも響いたイベントだっただけに、ファンも十分満足したと思う」と言う。が恐ろしく拍手喝采が注がれた。

以後’私だけ知らなかった話’、’夜手紙’、’時間の外’、’君と私’が次々と響き渡ると14年ぶりの友達はびっくり準備したスローガンを一斉に広げてIUを鳴らしてしまった。IUは次のように述べています。おかげで3時間がとても幸せだった」とし「今回の公演でうっとりせずに謙虚に14年以上行ってみる」と意志を燃やした。

息を切らずに吹き飛ばした公演は、まさに「スンサク」だった。エンディング曲が終わり、すべての舞台装置が静かになると、あちこちで’私の歌手’を探す声が響き渡った。これにIUは待っていたように’Love poem’、’アップ’、’心’、’子供と私の海’メドレーでアンコールだけなんと4曲をプレゼントして一秋夜の夢を飾った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました