パク・ジニョン 韓国エンタメ
JYPエンターテイメント

パク・ジニョン (박진영) カムバック、新曲「グルーヴバック(Feat.Gako)」21日発売

日本では、J.Y. ParkやJYPの名で有名な、歌手パク・ジニョンが帰ってくる。

14日、所属事務所JYPエンターテイメント公式SNSチャンネルにパク・ジニョンのカムバックティーザーイメージをびっくり公開した。これによれば、パク・ジニョンは21日午後6時、新しいシングル「グルーヴ・ミシン(Groove Missing)」およびタイトル曲「グルーブ・バック(Groove Back, Feat. Gaiko)」を発売する。

正式音源発売3日前の18日午後6時、新曲のミュージックワン編を先行公開するユニークなプロモーションも注目を集める。また12月22日から25日まで計4日間単独コンサートを通じてファンと年末を一緒に過ごす。

パク・ジニョンの新曲発表は2020年8月歌謡界にレトロディスコブームを起こしたシングル「ウェン・ウィ・ディスコ(When we Disco, with 船尾)」以後2年3ヶ月ぶりとさらに期待を集める。

新曲「グルーヴバック」は文字通り鈍いグルーブ本能を起こすエキサイティングなダンス曲で、誕生過程も格別だ。そもそもショートダンスチャレンジ用だった音楽が熱い声援に力づけられて嬉しい一つの完曲で世界に披露されることになった。

パク・ジニョンがスーパージュニアシンドン、愛弟子ソンミ、ユーチューバー高退警、アシアナ航空関係者など多様な参加者と興奮と個性を合わせた「グルーヴバック」チャレンジは10月8日ソウル南山を皮切りにスペインバルセロナ、タイバンコク、ブラジルサンパウロ米国ロサンゼルスでグローバルファンと興奮したグルーヴを共有する「JYP WORLD RPD(Random Play Dance) TOUR 2022」に拡張された。

これは「グルーヴバック」の新名はメロディー、ダンスとともにバルセロナ1000人余り、サンパウロ3000人余りが雲集するなど爆発的な呼応を導いた。とりわけ耳元を組む「Gotta get, gotta get, gotta get that groove back」という部分にしたがって欲しい欲求を倍加させる「最適」

パク・ジニョンは情熱、愛情をたっぷりまとめて作った新曲「グルーヴバック」でファンと愉快なエネルギーを一緒に分ける。

エキサイティングなチャレンジが触媒となって披露されるようになった今回の新曲は18日午後6時ミュージックビデオ完編がベールを脱いで、21日午後6時各種音源サイトを通じて音源が正式発売される。

続いてパク・ジニョンはクリスマスを含む12月22日から25日まで3年余りで年末単独コンサートを開き、ファンと公演の爽やかな楽しみを一緒に分ける。今回の単独コンサートに関する詳細情報は今後順次公開される予定だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました