KOYOTE 韓国エンタメ
KOYOTE

コヨーテ、コンサートツアー公演成功「ミウセ」イム・ウォニとチェ・ジニョクのサプライズゲスト

国民的グループのコヨーテがコンサートツアーの開始を知らせる城南公演を成功裏に終えた。

コヨーテは3日午後5時、城南アートセンターオペラハウスで2022コヨーテコンサートツアー「LET’s KOYOTE!」城南公演を開催、約3時間公演場を熱狂のるつぼにした。

コンサート開始と同時にDJがコヨーテのレジェンド名曲リミックスで公演場をクラブにして観客の興を引き上げた中で、続いて登場したコヨーテはレジェンド名曲の一つである「失恋」で初舞台を飾り始めから合唱を誘発した。

初舞台を終えたコヨーテは「リーダーキム·ジョンミン」、「二人の息子の母親シンジ」、「仲裁を引き受けたペッカ」と観客に挨拶した。 3階まで客席を埋め尽くした観客を見ながら泣きそうになったのもつかの間、「16強も行ったが、これから走らなければならない」として「花火」舞台を披露し名曲メドレーを本格的に始めた。

続いてチャ·テヒョン、テイ、ムン·セユン、キム·ジュンヒョン、ディンディンなど同僚芸能人の祝典映像が続いた中で「ニュートロ熱風の始まりにはコヨーテがあった」として「Good Good Time」、「Hollywood」、「ファクト」、「Passion」、「青い」まで相次いで披露した。

その後もコヨーテはメンバー別ソロ舞台をはじめ「半分」と「英雄」など新曲舞台、「ディスコ王」、「悲夢」、「飛翔」、「純情」、「私たちの夢」、「出会い」などレジェンドヒット曲舞台を飾り公演場を熱気で埋め尽くした。

ここに誰も予想できなかったサプライズゲストたちの舞台も設けられた。

キム·ジョンミンは一緒に「憎い我が子」に出演中のびっくり客イム·ウォニ、チェ·ジニョクと共に重唱団を結成しSGワナビー「生きていて」を熱唱してアンコールを受けるなどアイドルに劣らない歓呼を引き出し、パク·ボラムは「きれいになった。「と『恵化洞』の舞台で観客の挨拶に応えた。

このようにコンサートツアーの始まりである城南公演を成功裏に終えたコヨーテは、18日天馬アートセンターで開かれる大邱公演、来年1月7日から8日まで世宗大学校大洋ホールで開催されるソウル公演に向かう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました