ファン・ジンア(황진아 韓国エンタメ
ファン・ジンア(황진아

人生と似ている音楽、琴で新しい音を作り出すミュージシャン ファン・ジンア

ファン・ジンア(황진아)は多様な走法と音楽的知識を活用して世界に存在しなかった琴の音を作る。

琴を活用して現代を生きていく彼らが一緒に楽しめる音楽を作る。 伝統の走法とこれをユニークに変形した演奏を試みて、電子音楽要素を導入し、世界に存在しなかった琴の音を描いた曲を聞かせている。 2019年に初アルバムを公開し、今年初めには短編映画集を思い出しながら準備した2集を披露した。

ファンジンアの音楽で重要な役割をする琴をいつ初めて会ったのか?小学校の時特別活動でサムルノリの、パンソリ、韓国舞踊を習ったことがあるが、当時舞台に立つことをずいぶん好きだった。 これを機に、国楽中学校に入学して琴と縁を結んだ。 琴を演奏するときに私の体に伝わる低音の振動が本当に格好いいね。

当時に学んだ琴が創作者として生きていく今まで影響を及ぼすだろうと予想したのか? 予想はならなかったが、音楽を真剣に学びたいと決心した時からずっと夢見てきたことは正しい。 幼いころから私の人生の中で聴くことができる音楽を直接作りたかった。 私が身につけた楽器を活用して私だけのものを創作するのに大きな楽しさを感じた。

活動しながら感じた琴の長所があれば? コムンゴは、演奏し次第だ。 3オクターブに達する音域帯の音楽を演奏することができて、雄大な低音と神経質的で柔らかな高音をすべて引き出すことができ、両面的な魅力がある。 学術にしたり、他の楽器の活路つけたり、手でいじるなどの演奏に使用する道具や方式によって多彩な音を出すこともできる。 例えば、2集アルバムのタイトル曲’Short film’は人為的に倍音を得た走り方である’ハーモニックス’でメロディーを演奏する。

2年前からこのアルバムを準備し、メディアを学んだと聞いた。本来演奏するときにループステーションを頻繁に使用した。 一定区間を録音して繰り返し再生しながらその上に他の音を築けるためだった。 ところで録音されるすべての音を完全に統制できず、同一の周波数帯域に音たちが団結してよく聞こえない現象が引き続きできた。 より安定的な音楽を聞かせたい、音響の勉強とともにメディアを身につけ始めた。

、多様な走法と音楽的知識を活用したおかげで豊かな琴の音を聞くことができる。新しい音を発見するのがの目標の一つだった。 電子音楽のエフェクトを加えて完全に新しい音を作ったこともある。 例えば、残響を利用するリバーブと音を、反対で再生するリバースを何度も繰り返し、音を小さな単位に分けて再配置するグレニュルロを活用した。 アルバムを聞いていると、’これが琴の音が合ってる? ‘たい音たちがいるはずだが、ほとんど私が琴で創り出したのだ。

琴の音がこれほど多様というのが本当に不思議だ。 そのような感想を聞くとぴりっとする。(笑)

観客の反応の中で、一番記憶に残ったのはどんな言葉か? 1集の公開後に開いた最初の単独コンサートを終えた後、SNSで後期を探した。 そのうち”音楽を聴きながら私だけが知っているどんな場面が繰り広げられた”という言葉が心に触れた。 音楽が、各人の経験に基づいた想像を作り出すのが面白くていた。 聞く人が想像の世界に陥るのを望むことが、今の私の音楽の大きな指標だ。 これを思いながら作ったアルバムが2集だ。 ライナーノーツに曲紹介を詳細に残していないことも聞く今田自身だけの想像をするようにするためだ。 普段曲作業をする時も声を皮切りに、アイデアを発展させていく過程を経て、自らいかなる場面を想像できるようになれば、ようやく完成したと感じる。

ファン・ジンア(황진아

ファン・ジンア(황진아

2集に収めた7曲の中で最も具体的なシーンが浮かび上がった曲は何か?「孤独」だ。他の曲はそれぞれに華やかな魅力を現わせば、’孤独’は巨文高特有の音に集中した。全体的な修正を何度も経て様々な音を入れたが、結局最初のバージョンだけを残し、ミックスをする時も私の息が大きく聞こえるようにするようにできるだけ自然さを生かした。この曲を聞くと、年齢が非常に多い人の静かな孤独が連想される。しわのある目元と濁った目つきを持つ老人が漂うベンチに座っている場面が頭の中に浮かぶ。

楽しく楽しむことができる「輝き」も興味深い。 収録曲の中で巨文高を活用した音楽であることに気づくのが一番難しい曲ではないかと思う。 IDM(Intelligent Dance Music)ジャンルの電子音楽だが、出発点はやはり巨文庫だった。コムンゴの音を入れ、装具で打たれたウィモリジャンダンをベースにドラムサウンドを作り、いくつかのシンセサウンドを加えた。

果敢な音楽的試みをしていく渦中に見逃したくない伝統音楽の特性があるか? ない。むしろ彼から自由になろうとする。伝統を守ると思うよりも、領域を区別せずに作業したときに自然に埋め込まれる伝統音楽の要素があり、私はそれらとよく似合うことをしようとしている。

あるインタビューで「伝統の状態にある音楽」という表現を書いたのが印象深かった。国楽は特定の時代とその時の人々だけを楽しむ音楽ではない。宗廟祭礼楽、パンソリ、歌曲もすべて国楽ではないか。ところが伝統音楽を学んだミュージシャンたちが現代に新たに披露する音楽だけ時代の流れから断絶された「創作国楽」と称し、日帝強占期以前に享有していた韓国音楽は守らなければならない当位と考える。私が過去の伝統だけを演奏するのではなく、「伝統の状態」にある音楽を作っているという点をもっと多くの人が受け入れることができればいい。

現代的な国楽とは何ですか? 今日の人生に似た国楽。音楽は人間の近くにある。昔の音楽を見てみると、昼間に農業を作りながら聞いたり、静かな夜に歌いやすい曲が多い。しかし、今日の環境はその時とは異なります。ところが、これを反映していない国楽公演が依然として開かれている。まるで朝鮮時代と同じ状況を強要する、博物館を思い出させる舞台が一番嫌いだ。現代の観客を引き上げようとする努力が込められた国楽公演が増えることを期待する。

巨文庫で創作をすることに生じた心配もあると推測する。 コムンゴで音楽を作るときに無視できない重さがある。巨文高を演奏しながら、巨文高ではなく音楽をすることはできない。たまに巨文庫本来の音を失うことがあるが、意図がある場合には大丈夫だが、新しい音に過度に心酔するなら、根源が何なのか分からなくなる。そのバランス点をとても細かく気にして作業を続けている。コムンゴ演奏者が相対的に少ないため、私が代弁することがあるので、自尊心と責任感の両方を感じる。コムンゴのアイデンティティを最大限に持っていくと同時に大衆的であることができる音楽についてたくさん悩む。私の大衆性の範囲はK-POPを主に紹介する音楽放送ではなくても<ユ・ヒヨルのスケッチブック>には出演できる程度ではないかと思う。日常的に聴くには適していなくても、様々な音楽に触れようとする大衆には難しくないように近付くことができるようだ。

大衆が好きな音楽はどんな音楽だと思いますか? 共感の領域の音楽。バラードが大衆的な愛を受ける理由は、私の話のようだと感じる人が多いからだ。私の音楽も共感を得られることを願ってそのためにはミュージシャン、大衆、その間に置かれたメディアすべて様々な音楽を志向しなければならないだろう。

音楽を始めた序盤と今、舞台に上がる時のような気がしますか? ステージに立つのはまだ楽しいです。6月末にパンソリの声優キム・ボリム、ドラマーソ・スジンと結成したチーム「夜鳥」の正規アルバムを発売するのに7月中、彼らと共に公演を開く。初冬頃にはメディアアートと実感音響が調和した単独コンサートを開く計画で、2023年にはアメリカツアーが予定されている。

忙しく活動を続ける理由は、彼から得る楽しさがあるからか? 実はしばらく楽しく長く大変だ。長時間苦しみながら作り、完成後も痛みがあるが、一曲一曲愛情が行く。これまで作った曲を直接聴いてみた時、「これがファン・ジナの音楽だ」という感じがあればとても嬉しい。過酷な過程を経て完成した成果を好きにしてくれる人たちを考えて、僕の音楽に対する自信と愛を抱いてしっかり創作していきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました