「閑山:龍の出現」 韓国エンタメ
映画「閑山:竜の出現」ポスター

「韓山:龍の出現」公開5日で227万観客動員!圧倒的ボックスオフィス1位

映画「閑山:龍の出現」が公開初週末劇場街を掌握し圧倒的ボックスオフィス1位に上がった。

映画振興委員会統合電算網基準映画「閑山:龍の出現」が週末ボックスオフィス1位に上がり累積観客数2,270,207人を記録した。

「閑山:龍の出現」

映画「閑山:竜の出現」ポスター

「犯罪都市2」以後、再び韓国映画復活の信号弾を知らせた映画「閑山:龍の出現」はこの傾向どおりならば数日内に300万観客突破が確実視され封切り2週目には口コミに力づけられ興行巡航が可能と見られる。

映画「閑山:龍の出現」は千万映画「国際市場」(2014)、「7番部屋の贈り物」(2013)、「光海、王になった男」(2012)より速い興行速度推移でパンデミック以前の劇場街復活のためにすべての全力を尽くしている

愛されている要因の一つは何よりも「鳴梁」キム·ハンミン監督のカムバック作という事実が観客に信頼感を提供したものと見られる。

この8年間、李舜臣3部作プロジェクトと呼ばれる「鳴梁」以後、「閑山:龍の出現」、「露梁:死の海」を完成させたキム·ハンミン監督は次々と作品を披露し、観客に無限の誇りを植えつけるでしょう。

ここにパク·ヘイル、ピョン·ヨハン、アン·ソンギ、ソン·ヒョンジュ、キム·ソンギュ、キム·ヒャンギ、オク·テギョン、コンミョン、パク·ジファン、チョ·ジェユン、パク·フン、パク·ジェミンまでハク·イクジンのような俳優たちの強固なチームワークと広報活動が観客に肯定的な作用を及ぼした。

「閑山:龍の出現」チームは2週目の舞台挨拶の日程も確定し、より熱烈に観客たちと会って疎通する予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました