ミュージカル<ミセスダウトファイア> 韓国エンタメ
ミュージカル<ミセスダウトファイア>

世界初のライセンス、ミュージカル「ミセスダウトファイア」ベールを脱ぐ!

世界初のライセンス公演を披露するミュージカル「ミセス・ダウトファイア」がついにベールを脱いで下半期大劇場ミュージカル界を平定する最初の幕を上げた。

30日、シャルロッテシアターではミュージカル「ミセス・ダウトファイア」の初公演の幕が上がり、観客の絶え間ない笑い声と起立拍手で劇場をいっぱいに満たし、成功した開幕を知らせた。ループマシン、タップダンスなど多様な見どころだけでなく、休むことなく吹き飛ばす笑いの饗宴で観客の満足感を満たして幸せなエネルギーをプレゼントした。

舞台の上で直接披露する息を切る隙間なく進行するクイックチェンジは断然公演のハイライトシーンで選ぶことができる。たった8秒で白髪のおばあちゃんから子供たちのお父さんに変わる魔法のような場面は観客の心を捕らえるのに十分だった。

また、ミュージカル「ミセスダウトファイア」の舞台は、様々な形状に分離および結合が可能なプレハブブロックをモチーフに製作された。愛で構成された様々な形態の家族を応援する作品のテーマを表現している。これと共に、作品の中のあちこちに隠れているパンパンぽんと鳴る笑いコードを探す楽しみもまた一つの観覧ポイントになる予定だ。

「ダウトファイア」に変装してギリギリな二重生活を始める「ダニエル」役で10年ぶりにミュージカルに戻ってきたイム・チャンジョンは、「しばらくイム・チャンジョンの人生を折り、ダウトファイアで暮らしてくる。美しいストーリーに私の話を溶かしてお見せします」と抱負を明らかにした。

また、ミュージカルファンたちのWannabyキャスト1位のチョン・ソンファは「観客の皆さんと一緒に感情を交流し、楽しんで呼吸して公演する」と述べた。楽しみにしてほしい。」とときめきは心を現わした。最後に、ダウトファイアでイメージ変身に挑戦した実力派俳優ヤン・ジュンモは、「作品の笑いと響きを皆さんにぜひお見せしたい。たくさん見に来てくださった」と開幕感想を明らかにした。

ダニエルの全員であり、24時間が足りないウォーキングマムミランダを演じるようになったシン・ヨンスクは「笑いと感動、愛がいっぱいの良い公演に共にすることになって幸せだ。観客の方々と一緒に作っていく完璧な公演が期待される」と感想を明らかにした。劇場で一緒に楽しんでいただきたい」と作品に対する愛情を見せた。

ミランダの事業パートナーであり、ダニエルのライバル「スチュアート」役にキム・ダヒョンは「この世にすべての家族が幸せになるその日まで、ミセス・ダウトファイアは続きます~」と作品に対する期待を高め、同じ配役を演じることになったキム・サンホは「最高の俳優たちと一緒になってとても栄光だ」と所感を明らかにした。

ミュージカル「ミセス・ダウトファイア」はロビン・ウィリアムズ主演の同名映画を原作にした作品で、シアトル・トライアウト公演で歴代最高の興行を記録し、ブロードウェイに成功的に入成したヒット作だ。国内創作陣はブロードウェイの直後に初演を披露し、「世界初」のタイトルを得て話題を集めた。ノン・レプリカ版で国内感情に合わせたユーモアコードを元に新しく脚色され、特に馬の味をよく生かす翻訳家ファン・ソクヒが翻訳に参加して期待を集めた。

超豪華キャスティングでミュージカルファンの注目が集まっているミュージカル「ミセスダウトファイア」はグランドオープンを迎え、「笑いFLEXオープンウィーク」週間でプレビュー割引を含む特別な割引特典だけでなく、カーテンコール撮影DAYやギフト贈呈など様々な見どころ、楽しむ距離が用意されており注目してみる。

ミステリーなダウトファイアとの出会いで人生の笑いを取り戻す家族の話を愉快に盛り込んでいるミュージカル「ミセスダウトファイア」は、11月6日までシャロッテシアターで公演が行われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました